子供用のGPSを比較する際には、回線をチェックする方法があります。位置情報等は携帯電話の回線を使用しており、各キャリアの電波を利用するために毎月の通信料が発生します。現在使われているのは3G回線と4G回線であり、3G回線は日本中のほとんどのエリアがカバーされていますので、使用する地域が制限されることがありません。住んでいる地域によってはつながりにくいという不安もなく、地域を選ばずに利用できるのが3G回線です。

また、室内でもつながりやすくなっているのですが、通信速度は遅めです。今後の主流となるのは4G回線であり、通信スピードはとても速いタイプとなります。ただし、子供用のGPSでは情報量が小さいので、通信スピードはそれほど気にする必要はないという声もあります。少しずつ利用できるエリアは広がっていますが、まだカバーされていないエリアがある点には注意が必要です。

利用できないのは山間部や一部の地域ですので、都市部にいる人には影響はありません。建物内ではつながりにくいのですが、このあたりも徐々に解消されていくことが予想されます。このように同じような子供用のGPSといっても回線による違いがあり、今後の主流は4G回線となるはずです。現時点で済んでいる地域が4G回線の電波が入らなければ、3G回線を利用している子供用のGPSを選ぶべきです。

それ以外なら、それぞれの使い方に合わせるのが重要ですので、どちらを選んでも構いません。ベビー服のことならこちら