昔のように子供を地域で見守ることは無くなりましたので、ご家庭ごとの工夫が必要です。共働きになると日中はそばで見守ることができませんので、学校から帰ってきてどこで過ごしているのか、習い事にきちんと行っているのか等が気になります。特に低学年のうちは日々の行動が気になって、仕事中も頻繁に考えてしまうという人も多いのではないでしょうか。そんな不安を少しでも解消するために、GPSの導入を検討するのがお勧めです。

導入するタイミングとしては、一人で行動することが増える小学校に上がる前が最適です。GPSですから、子供がどこに居るのかを知りたい時に知らせてくれます。特定のエリアを設定しておけば、その場所に到着した時には自動でお知らせしてくれますので、子供の行き先をあらかじめ登録しておきましょう。日々の行動を逐一把握できるようになり、行動履歴は過去にさかのぼって確認することもできます。

過去のデータを見ると、毎日をどのように過ごしているのかも分かります。一緒に居られなくても細かなデータによって詳細を知ることができますので、共働きのご家庭にとても便利です。いざという時には、子供がGPS本体についているボタンを押して保護者に知らせることもできます。ボタンは押しやすい所に分かりやすくついていますので、何かあった時にとっさに押せるようになっています。

手動通知は、「もうすぐ自宅に到着する」という時や「習い事が終わった」という時のお知らせに使うこともあるようです。子供服の小物のことならこちら